猫のフィラリア

フィラリアは犬だけではなく、猫も感染します。
しかし猫のフィラリアは、犬に比べて認知度が低く、あまり知られていません。

猫のフィラリアの認知度が低い理由として、発見が困難であることが理由にあげられます。

というのも、猫が犬フィラリア症に感染した場合、無症状であったり、突然死してしまったりという場合が多く、 フィラリアと認知されないためです。

猫の場合でも、犬のフィラリア同様、充分に注意すべき病気です。

猫は犬よりも重症化しやすい

猫のフィラリア

猫がフィラリアに感染した場合について解説していきましょう。

犬フィラリアは稀に心臓や肺以外にも寄生することがあり、猫の場合は脳への侵入が犬よりも多いという研究結果があります。
また、犬に寄生したフィラリア成虫の寿命が5~6年なのに対し、猫の場合は2~3年と短くなっています。

猫の心臓は小さく、フィラリアの寄生する数は少なくても、 30センチにもなる犬フィラリアの成虫は猫にとってかなりの負担となります。

大きく成長する犬フィラリア成虫が猫に寄生した場合、 わずか一匹のフィラリア成虫であっても大きなダメージを受けてしまいます。
さらに、猫は心臓に寄生した犬フィラリア成虫を、独自の免疫作用によって殺してしまう特徴的な作用を持っています。
その作用によって成虫が死んだ時に、それまで無症状で元気だった猫が突然死したり、 肺動脈と肺の組織がダメージを受け続け、慢性呼吸器疾患などの原因になる場合があるのです。

このページの先頭へ