ストロングハート・プラス

ストロングハート・プラス

ストロングハート・プラスはフィラリア予防薬として有名なカルドメックチュアブルのジェネリック医薬品です。
カルドメックチュアブル同様、チュアブルタイプのフィラリア予防薬です。

ミートフレーバー付のチュアブルタイプであるため、愛犬におやつ感覚で投与できるのがスロトングハートの特徴です。 これまでの錠剤タイプのお薬が苦手だったというわんちゃんにもぴったりです。

ストロングハート・プラスは、有効成分をイベルメクチンと、パモ酸ピランテルとしています。 イベルメクチンがフィラリア幼虫を殺虫し、パモ酸ピランテルが胃腸に規制する鉤虫や回虫といった内部寄生虫を駆除します。

フィラリアだけでなく、体内の寄生虫を駆除してくれるのが、このストロングハート・プラスなのです。

また、ストロングハート・プラスは、ジェネリック医薬品であるため、先発医薬品である「ハートガードプラス(カルドメック)」と比べ、 半額以下で購入できるのも特徴です。

ストロングハート・プラスの使い方

ストロングハート・プラスは、1ヶ月に1回、愛犬に投与します。
このとき必ず薬剤を良く噛ませて、全て食べさせるようにしてください。 しっかり噛まないようであれば、ストロングハート・プラスのチュアブルを細かくしてから与えても良いでしょう。
また、犬の嗜好性の高いミートフレーバーであるため、細かく砕いて、ごはんに混ぜて与えても良いでしょう。

フィラリアを吸引した蚊が出現しはじめる時期から、蚊のいなくなった後1~2か月間投薬を続けてください。
「蚊がいなくなった」と思ってすぐに投薬を辞めてしまうと、最後の1ヶ月でフィラリアに感染してしまう場合があります。 必ず、蚊がいなくなっても、1~2か月間の投与を辞めないでください。

ストロングハート・プラスをの投薬に1ヶ月以上間隔があいた場合は、必ず一度フィラリア検査を行い、 陰性の診断を確かめてから、再び月に一度の使用を開始してください。

ストロングハート・プラス使用時の注意点

※必ずフィラリア感染症がないことを確認してから、 ストロングハート・プラスを使ってください。

アドボケートの主成分ラメクチンは哺乳類に対し、安全性が高いとされています。 薬剤が誤って人の皮膚に付着しても、毒性学上極めて微量であるので、安全性上の問題はありません。

ストロングハート・プラスは、生後6週間以上から投与できます。
大型犬用()、中型犬用()、小型犬用()の3つの規格があるため、 体重に合った規格のストロングハート・プラスを選んでください。 45kg以上の犬に対しては、これらの錠剤を適切に組み合わせて用います。 詳しい服用量についてはかかりつけの獣医師にご相談ください。

このページの先頭へ